ARTIST

 
アーティスト
岡部源蔵 Genzo Okabe
加藤訓子 Kuniko Kato
国島妙子 Taeko kunishima
シプリアン・カツァリス Cyprien Katsaris
ヨハネス・プラムゾーラー Johannes Pramsohler

岡部源蔵 Genzo Okabe

岡部源蔵  
オランダで活躍する実力派アルト岡部源蔵!
 
岡部源蔵は、ペルージャ国立音楽院でクラシック・サックスを、ローマ国立音楽院でジャズを学び、現在はオランダのハーグを拠点にヨーロッパ全域で活躍する若き実力派サックス奏者・作曲家。
2017年には、オランダの有力ジャズクラブによるオランダ最優秀新人賞(Young VIPs)に選出される。
http://www.genzookabe.com/

(蘭) チャレンジ・レコーズ Challenge Records

photo by Baiba Yurkevich
公演スケジュール
OKABE FAMILY by GENZO OKABE
TOUR IN JAPAN 2017 "DISORIENTAL"

10月12日(木) 京都 le club Jazz
10月13日(金) 南青山 Body & Soul
10月14日(土) 名古屋 Mr. Kenny's
10月15日(日) 町田 Noise(アフタヌーン・コンサート)
          町田 Into the Blue
10月17日(火) 大阪 Mister Kelly's
10月18日(水) 横浜 Motion Blue
10月20日(金) 新宿 Pit INN
10月21日(土) 日立 George House
10月22日(日) 厚木 Cabin

代表作
岡部源蔵/ディスオリエンタル
 
 
岡部源蔵
ディスオリエンタル


CR 73442
日本語オビ付き
       

 
 
 

加藤訓子 Kuniko Kato

加藤訓子  
加藤訓子「バッハを弾く。」
 
日本を代表する世界のトッププレイヤーとして内外で活躍する加藤訓子。音楽誌の権威グラモフォンは、「巨匠への通過儀礼もクニコには勝利の儀式に過ぎない。」と讃し、英サンデータイムズ紙は、「力強く、繊細、根源的でエレガント、見事である。」と評する。
桐朋学園大学研究科修了とともに渡欧。ロッテルダム音楽院を首席で卒業した最初のパーカッショニスト。
サイトウキネンオーケストラ、アンサンブル・イクトゥス(ベルギー)、アンサンブル・ノマド等内外のグループへ参加後、ソロ活動へフォーカスする。ダルムシュタット国際現代音楽際クラニヒシュタイン賞等、受賞歴多数。2011年スティーヴ・ライヒのカウンターポイント代表作を世界で初めて打楽器へ編曲したソロアルバム「Kuniko plays reich」を英リンレコーズより世界同時発売。同コンサートは、サントリー芸術財団より第十二回佐治敬三賞を受賞。英国スコットランドの高音質で知られる世界的レーベル「LINN」からCDを出す唯一の日本人アーティスト。
パール楽器・アダムス社(蘭)グローバルエンドーサー。
米国在住。http://www.kuniko-kato.net

(英) リン・レコーズ Linn Records
公演スケジュール
加藤訓子「バッハを弾く。」

BACH TOUR
6/10  本住寺、広島県福山市(広田 稔画伯とのライブセッション)
6/14  流川教会、広島県広島市
6/21  宗次ホール、愛知県名古屋市(ホール主催「バッハ〜ペルト」)
6/23  夙川教会、兵庫県西宮市
6/26  本能寺、京都府(広田 稔画伯とのライブセッション)
7/08  Jaani Kirik タルトゥ、エストニア
7/09  Johvi Mihkli Church ヨフビ、エストニア
7/11  Niguliste Church タリン、エストニア
7/14  St. John’s Church サンクトペテルブルク、ロシア
8/20-21 Queensland Conservatorium ブリスベン、豪州
8/22-23 VCA/MCM メルボルン、豪州
9/04-17 WAAPA パース、豪州
9/22-24 東京芸術劇場(広田 稔画伯・ダンサー廣田あつ子との競演)
10/09 豊橋市民文化会館、愛知県豊橋市
10/27  東京カテドラル、東京都文京区

主催:Kuniko Kato Arts Project 

代表作
J.S.バッハ:マリンバのための無伴奏作品集
 
 
J.S.バッハ:マリンバのための無伴奏作品集

加藤訓子(マリンバ)

CKD 586S
日本語曲目表記オビ&加藤訓子書下ろし日本語解説付き
(2SACD Hybrid Multichannel)
  

       

 
 
代表作
IX 〜 クセナキス/加藤訓子
 
カントゥス/加藤訓子
 
クニコ・プレイズ・ライヒ
IX 〜 クセナキス
プレイアデス/ルボン


加藤訓子(パーカッション)

CKD 595S
日本語曲目表記オビ&加藤訓子書下ろし日本語解説付き
(SACD Hybrid Multichannel+特典DVD)
  

  カントゥス

ペルト:カントゥス、フラトレス
ライヒ:ニューヨーク・カウンターポイント、他
加藤訓子(パーカッション)

CKD 432S
日本語曲目表記オビ&加藤訓子書下ろし日本語解説付き
(SACD Hybrid Multichannel)
  クニコ・プレイズ・ライヒ

加藤訓子(パーカッション)

CKD 385S
日本語曲目表記オビ&加藤訓子書下ろし日本語解説付き
(SACD Hybrid Multichannel)
 


 
 
 

ヨハネス・プラムゾーラー Johannes Pramsohler

ヨハネス・プラムゾーラー  
バロック・ヴァイオリン新時代の象徴!ヨハネス・プラムゾーラー!
 
自らピリオド・オーケストラ、インターナショナル・バロック・プレーヤーズを主宰し、師であるレイチェル・ポッジャーとのブレコン・バロックでの共演、ラインハルト・ゲーベルから受け継いだ銘器での秀演など、世界各地で目覚ましい活躍を見せるプラムゾーラー。
現在は自ら設立した自主レーベル「オーダックス・レコーズ(Audax Records)」にて活動している、新世代のバロック・ヴァイオリニストである。


Audax Records公式サイトはこちら
日本経済新聞電子版 NIKKEI STYLE ビジュアル音楽堂の記事「南チロル発 バロックバイオリンが開く古楽」と、YoutubeのNIKKEIチャンネルにて紹介されました!
代表作
モンドンヴィル:トリオ・ソナタ集 Op.2
 
マイスター:トリオ・ソナタ集
 
モンタナーリ:ヴァイオリン協奏曲集
モンドンヴィル:トリオ・ソナタ集 Op.2
(世界初録音)

ヨハネス・プラムゾーラー
(バロック・ヴァイオリン)
アンサンブル・ディドロ

ADX 13707
日本語解説&曲目表記オビ付き


  マイスター:トリオ・ソナタ集
《よろこびの楽園》より
(全曲世界初録音)


ヨハネス・プラムゾーラー
(ヴァイオリン)
アンサンブル・ディドロ

ADX 13705
日本語解説&曲目表記オビ付き
  モンタナーリ:ヴァイオリン協奏曲集

ヨハネス・プラムゾーラー(ヴァイオリン)
アンサンブル・ディドロ

ADX 13704
日本語曲目表記オビ付き


 
 
 

国島妙子 Taeko Kunishima

国島妙子  
現代ジャズの先進を歩む国島妙子の新機軸!
 
静岡県生まれのタエコ・クニシマ(国島妙子)は、現在ロンドンに在住しそこを拠点に活躍中の作曲家、ピアニスト。クラシックとジャズ双方をバックグランドに、コンテンポラリーミュージックとジャズ、そして日本のフォークミュージックを融合した曲を数多く生み出している。
2000年、自身のバンドを結成。そして、2001年、在英国日本大使館の支援によるロンドンを中心としたライブツアーをかわきりに、英国のジャズ・ベニュー、アートセンターなど各地でライブを行う。
2006年には、イギリス芸術庁の支援によるジャズ・サービシズから後援を受け、英国ツアー。同国を代表するジャズ専門レーベルの33 Recordsから、現在まで4枚のアルバム "Space To Be"、"RedDragonfly"、"Late Autumn"、"Iridescent Clouds"をリリース。
JAZZ REVIEW.COMのレビューでは、『国島の演奏、作曲は魅力的であり、不思議に神秘的で、リスナーが繰り返し聴きたくなる要素を持っている』と絶賛されている。

 33JAZZ Records
来日公演スケジュール
Taeko Kunishima
CD "Iridescent Clouds" launch @ Jazz inn New Combo


2017年6月9日(金) 20:00〜 Jazz inn New Combo
国島妙子(ピアノ)、Avan(ダブルベース)、吉田直也(サクソフォン)、尾崎賢伍(ドラム、パーカッション)


☆YouTubeにて最新のライヴ動画がご覧になれます!

代表作
タエコ・クニシマ/にじ色の雲
 
レイト・オータム
 
赤トンボ
にじ色の雲

タエコ・クニシマ(ピアノ)、クライブ・ベル(尺八、ケーン、他)、ポール・モイラン(ダブルベース)、カミロ・タイラド(タブラ、パーカッション)、一川響(津軽三味線)、ジェレミー・ホーキンス(フィールド・レコーディング)

33JAZZ 258J
日本語曲目表記オビ&日本語解説付き
  レイト・オータム

タエコ・クニシマ(p)、クライヴ・ベル(尺八、fl)、シーン・コービー(tp、flh)、ポール・モイラン(b)、マクスウェル・ハレット(ds)、デイヴィッド・ロス(perc)、リオ・ロバーツ(vo)

33JAZZ 225
日本語曲目表記オビ&日本語解説付き
  赤とんぼ

タエコ・クニシマ(p)、ラッセル・ヴァン・デン・ベルグ(sax)、ジム・ハート(ds)、リチャード・プリース(b)、Guest:クライヴ・ベル(尺八)

33JAZZ 145
日本語曲目表記オビ付き
 
 
 

シプリアン・カツァリス Cyprien Katsaris

カツァリス 写真  
超絶技巧の現人神!
 
■ シプリアン・カツァリスは、1951年フランスのマルセイユでギリシャ系キプロス人の両親のもとに生まれました。4歳でカメルーンに移住しピアノを始め、1964年にパリ音楽院に入学、ピアノと室内楽で最優秀賞を受けています。磐石な基礎の上に花開く高度な技巧と瑞々しい感性、ほとばしる情熱と個性ある表現が高く評価され、シフラ国際コンクール優勝をはじめとした数々のコンクール入賞や受賞を果たしてきました。また、世界中で演奏活動を行うとともに、エヒテルナハ国際音楽祭の芸術監督も務めています。日本では93年放映のNHK趣味百科「ショパンを弾く」の講師を務め多くの人にショパンの素晴らしさとカツァリスの魅力を広めています。

■ PIANO21はカツァリス自らが創設したレーベルです。生来の自由人であるカツァリスが、誰にも縛られず自分が録音したい作品をリリースするために立ち上げたこのレーベルは、まさに21世紀のピアニズムを牽引する存在となっています。リリースの継続するモーツァルトの協奏曲全集、カツァリスの若き日の録音やプライベート録音を復刻するアーカイヴス・シリーズ、カツァリスの超絶技巧と巧みで美しい声部の処理が余すところなく伝えられる様々なトランスクリプション集など、カツァリスの魅力が満載されており、従来のカツァリス・ファンはもちろん、ピアノ演奏家&愛好家、そしてすべてのクラシック・ファンに新たな発見と感動をお届けいたします。
代表作
4手ピアノ及び2台ピアノのためのロシアのバレエ音楽トランスクリプション集
 
親和力 〜 ありがとう ショパン、さよなら ラフマニノフ
 
4手ピアノ及び2台ピアノのためのロシアのバレエ音楽トランスクリプション集

PP21 056-N
日本語解説付き国内仕様盤

P21 056-N
日本語曲目表記オビ付き
  親和力 〜 ありがとう ショパン、さよなら ラフマニノフ

PP21 055-N
日本語解説付き国内仕様盤

P21 055-N
日本語曲目表記オビ付き
    
 
 
 
トップページトピックスクラシックワールド&ポップスジャズ
アーティスト特集商品案内レーベル情報会社概要お問い合わせ